FC2ブログ
山中温泉 お花見久兵衛
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
今から本番
今日がいよいよ「天台声明」の本番の日です。

午前中京都からいらしたお坊様たちとのリハーサルに行ってきました。



プログラムがいくつかあって、その他大勢のなかの私は最後のほうの出番です。
2コーラスお坊様のお経と合わせました。


背高順に並んだら、必然的に私は一番端っこ。
そして隣が7人のサムライならぬ7人のお坊様です。



その声の大きいことといったら!
三味線の音もほとんど聞こえず、声を張り上げて歌うのですが、お経につられてしまいそうで。

何度かのリハーサルがすんで、隣のお坊様に聞かれた。


「どうですか?声明って?」



正直つられないように歌うのに一生懸命でどうですかって聞かれても。。。
 
でも、山中節とお経って、音程が合っていないにもかかわらず、
それなりにちゃんとマッチしているから不思議。

感想は舞台で聞いておられる方に聞いていただきましょうか。


さ、今から本番に行ってきます。


それがすんだら出張です。
スポンサーサイト
【2008/03/30 15:15】 | 未分類 | コメント(0)
今月の朝礼はグー、チョキ、パー。
毎月最終の土曜日にある全体朝礼。

会社の経営行動指針や、基本姿勢を唱和し、その月の営業成績などを発表します。
目標に達したか、館内消費はどうだったのかなど、社員全員に分かり易く説明します。



私の役目は、最初にみんなに挨拶すること。
これがなかなか頭を悩ますのです。
堅い話ばかりじゃ、みんなは聞いてても右の耳から左の耳に通過です。

イベントがあったり、プロ百選の表彰式に出かけたりなど、何かがあればそのことを中心に
みんなのモチベーションを高めるような話をするけれど、
何もない月は悩みます。



それで今日はいつもと趣向を変えて、
頭の体操をしました。



左の手で、グー、チョキ、パー。これは誰でもできる。
次に右の手を同時に左に勝つように出す。

つまり、左でグー出したら右はパー。左でチョキ出したら右はグー、といった具合です。




これがなかなかむずかしい。
でも少し練習すればできるようになります。


みんなに言いました。

物忘れがひどくなったり、今日がいったい何月何日かとっさに出てこなくなったりしたら、
みなさん歳のせいにしていませんかって。

それは脳を活性させていない、頭のトレーニングをさせていない自分のせいなんですよ。



歳を重ねる事はちっとは恥ずかしい事じゃないし、自分ひとりで歳いくわけじゃない。


いかに生き生きと歳を重ね、時々グー、チョキ、パーで頭のトレーニングしながら
いつまでも元気で、楽しく仕事をしましょうねって。


話はどこまで聞いていたか分かりませんが、
グー、チョキ、パーだけは真剣にしてました。
    上手なひとはひとりもいませんでしたけど。。。


【2008/03/29 16:20】 | 未分類 | コメント(0)
お子ちゃまがいっぱい。
さすが春休み。ほとんどのお客様がご家族づれです。

その他は学校の先生の送別会。


今日もご多分にもれずそんなお客さまでいっぱいです。




ところで、今日は特にお子さまが多いのでざっと数えてみると40名は下りません。
でも、ご予約では確か20名ほどだったんですけど。

予約で聞いていない、小さなお子さまがたくさんいらっしゃるのでしょうか。
なんともロビーは賑やかな事です。



でも子供は可愛い。特に赤ちゃんはつい見ているほうも顔がほころびます。


けど接待さんは大変かも。予約の数に入ってないお子さまも、やっぱりお膳やお茶碗を
お出ししてあげたいし。。。

おひとりしか聞いてなくて、実はもっと小さいお子さんがいたら、何でお兄ちゃんだけ
お料理あるの?って泣かれたら困るから、ちゃんとお膳の上もセットして。



やれやれ、今は春休み一色です。
【2008/03/28 19:33】 | 未分類 | コメント(0)
「天台声明」の練習
今度の日曜日に催される「天台声明.山中節に日本の心を探る」の、歌の練習に行ってきました。

以前にも少しこのことについて触れましたが要するに、
山中節とお経とのコラボレーションといったところでしょうか。


声明(しょうみょう)とは、仏教の儀式音楽で、日本に入ってきた最初のお経だそうです。
浄瑠璃、浪曲、民謡などのルーツになっているとみられ、日本の音楽の源流と言われているそうです。



お坊さんと合わすのは当日のリハーサルの時のみ。
今回で3度、山中の有志の皆さんと歌を会わす練習日がありました。

山中の民謡のグループ、コーラス部のみなさん、芸妓さん、その他山中節が大好き人間
(私のような)の集まりで約30名もの方々がおられました。


これまで一度も練習に行けなくてやっとゆうべ行ったのですが、私よりも横着な女将さんがいて、
はなからぶっつけ本番と決めているようです。おいおい、こらこら。



でも、こんな機会にいろんな方との交流が持てて、悪くないですね。
昨夜は声を張り上げておもいっきり山中節を歌いました。

けど私たちの合唱するのはほんの三唱節だけ。
でも当日は朝からリハーサルがあって、一日文化会館に缶詰になりそうな雰囲気です。



3月30(日)15:30~17:30 山中温泉文化会館 入場無料
   ぜひお出かけしてみてくださいね。
 
私、舞台のすそで口パクで歌ってますので。



【2008/03/27 17:55】 | 未分類 | コメント(0)
昔はもっと。。。
最近ぐっと少なくなった団体のお客さま。

それでも今日は宴会場が賑わっています。


その中で一番大きな団体さまは40名ほどの俳句の会。格調高いお客さまです。

その宴会場にたった今ご挨拶に行ってきました。



いつもどおり舞台の前に、接待さんを従えてすわり、挨拶の口上を述べようとすると、
上座のほうからひそひそ声が。


「ちょっとちょっと、あの女将さん、歳はいくつやろうか?」
「昔はもっと綺麗やったでしょうにねぇ。。。」
とさも気の毒そうな話しぶり。



あのねぇ、そんな会話って、聞こえないようにおっしゃってくださいな。
上座なのに大きな声でみんな聞こえるじゃないですか。


でも私そんなん言われてもめげません。


マイクをもってることも忘れて、

「はい、もう少し若い頃にお目にかかりとうございました」
って、申し上げてご挨拶してきました。


本人、寄る年波に必死で抵抗しているんですから、そのあたりできれば触れないでくださいましね。
歳はみんな同じだけとるんですから。。。
【2008/03/26 19:07】 | 未分類 | コメント(0)
同業者の目
ただいまー!

富山の温泉から帰ってきました。



いつもと反対にお客様になりきって、温泉と、お料理と、エステを楽しんできました。


そこは旅館とも違う、かといってホテルでもない、その中間のようなおしゃれなところです。
以前女将の会で行って、いつかみんなを連れて行こうと思ってました。



接待さんもいないし、スタッフも決して多くない、なのにちっとも不便さを感じなくて、
これからは旅館もだんだんとこんなスタイルになっていくのかなぁーって考えてしまいました。



夕方お風呂から上がってお部屋に戻るとちょっと変な匂いが。

何だかドブ臭いんです。


うちもよくお客様に匂いのことで言われてしまいます。
雨の降った日などはどうしても川の匂いが上がってきて、匂いに敏感な方は臭いとおっしゃいます。

本当にお部屋が綺麗でも、匂いひとつでがっかりしてしまいますよね。


お客さまになってみて初めて実感!


ジーナも、ばあちゃんも、何でこんな匂いするんかねえって、窓を開けたり
くんくん匂いのするほうを探したり。。。



で、分かりました!匂いのもと!

それはヒナちゃんのパンツの中だったんです!!!


ちょっとでも疑ったホテルの方、ごめんなさい!
【2008/03/25 18:23】 | 未分類 | コメント(0)
一泊二日の温泉旅行
半年間、日本に滞在していたジーナのお母さんが、来月早々フイリピンに帰ることになりました。


今日はその送別会に一泊二日で富山の温泉に出かけてきます。

総勢大人5人と、幼児1名。
まるでお花見久兵衛のお客さまみたいです。




半年もの間日本にいながら、お出かけしたのはたった一度、デイズニーランドに行っただけ。
山中以外まったくどこも知りません。


娘が旅館に勤めながら、その旅館にも行った事がないので、
今日は私が連れて行くことにしました。


本人には内緒、サプライズです。





この間フイリピン料理をいただいたときにも、
どこへ行く? そこで何する? って英語で聞かれたけど、
詳しくは教えませんでした。

というか、詳しく英語で説明するのは大変だから。
それにジーナもサプライズだって言うし。




夕方出かけて明日朝帰る、小旅行だけれど、
何だか分からないなりに楽しみにしているみたいだし、行ってきます。

今日のお客さま、留守してごめんなさい。
【2008/03/24 10:11】 | 未分類 | コメント(0)
第15回植樹際
今日は、年に1回毎年行なわれる植樹際の日でした。



15年前、旅館の女将たちが、この時期桜を見に山中から外へ出かけるのではなく、
山中温泉にお花見に来てもらえるような町づくりをしよう、って声をかけて、
ボランテイアで桜の植樹を始めて、、、もうこんなに月日がたちました。

JCや、商工会青年部や、卒業記念事業にと、いろんな各種団体に応援してもらって町民運動に発展していったこの会。



近年は(株)コマツの有志の方々をはじめ、同年会の皆さん、そして今日も
ゲートボール協会の方々も加わって、なんと総勢100名近くもの皆さんがスコップや杭を片手に
大活躍です。




と、どこから現れたか突然若い可愛い女性が
「ワタシ、コジンサンカデスゥ」
流暢な日本語で話し掛けてきた。



ありゃー、見るとうちの足つぼマッサージをやってる韓国のユリちゃんではないですか?


どこかで今日のイベントのチラシを見て参加したくなったって。
へー、えらいなぁー!



一生懸命桜を植えるのはいいけど、風邪ひかないかって心配なくらいおへそや背中出して。
またそのファッションが人目をひいて、

そこらのおじさんたち、桜を植えるのも忘れて近づいてきて、
「アニョガセヨー」だって!




身体を動かした後はお待ちかねのおにぎりとトン汁。
青空の下で、作業したあとのお昼は最高です。

ワタシ、今日は眼鏡にマスクの完全武装。花粉やい!来るなら来てみろ!って感じです。
でも食事のときだけはマスクをはずして。。。

皆さん、大変お疲れ様でした。


【2008/03/23 17:03】 | 未分類 | コメント(0)
dai15kai
【2008/03/23 16:32】 | 未分類 | コメント(0)
フイリピン料理
ゆうべは仕事が終わってから、ジーナんちに出かけて来ました。
ヒナちゃんの2歳の誕生会です。


本当は世界フィギュアーを見たかったんだけれど、せっかくのご招待だし、ま、向こうで見れば
いいかなって、甘い考えで出かけて行った。



もうすでに何人かの仕事仲間が集まっていて、誕生会を口実にワイワイガヤガヤの
飲み会ならず食べ会です。

もうすぐフイリピンに帰ってしまうヒナノのばあちゃんがひとり台所で料理を作っていて、
これまた春巻きの皮で巻いた揚げ物がすごく美味しいんです。



何度か口にしたことはあるけど、ばあちゃんしか作れない絶品のフイリピン料理です。



ばあちゃんはこれを作りながらテレビ見てる。
フイリピンの番組で、連続ドラマの最終回。ハッピーエンドのクライマックスです。

それでもう、スケート見せてって言えなくなってしまいました。
だって、自分ちじゃないもん。




なもんで、ひとりで春巻きを5個もたいらげた。お寿司やビーフンもあったけど私はこれが一番好き。


デザートはココナッツミルク。もうお腹いっぱいです。
なのにそのあとまたケーキのろうそくをふうっして、それもいただきました。



スケートは見られなかったけど、お腹いっぱいになってもう幸せ!
この次ばあちゃんの手料理をいただけるのはいつになるでしょうか?




【2008/03/22 16:56】 | 未分類 | コメント(0)
同窓会の案内
山中中学校の同窓会の案内がきました。


中学校を卒業して幾年月。
いつの頃からか忘れないようにとオリンピックの年、4年に一度になりました。
 
前回まではこの私、ずうっと幹事役。

女性は他所にお嫁に行かない人が、必然的に幹事になってしまうんです。



場所はたいがい旅館で、ほとんどがうちでした。

「お前んとこでしてくれやー」


同級生の男の子に頼まれると、嫌ともいえません。

こちらは破格の料金で大サービスしてても、そこは大勢の人数。
なんで毎回あいつのところでせなならんのか、だの、
もっと安くせーやだのと、いろんなことを言われ続けて、

「そんならお願いだからよその旅館でして!」
って切れたこともありました。実際その年は隣の旅館でしました。



今回から幹事のメンバーが若干変わり、私もお世話役から開放された。

実際本当に本当に、お世話する人は大変なんです。
葉書の宛名調べから始まるんですから。

んで、今日新しい幹事さんから葉書が届きました。



えーっ、今年はスーパー銭湯!
しかも、ゴールデンウイーク!

時代が変われば変わるもんですね。

料金も安いし、仮眠室は個人負担。朝まで騒いでいたっていいし、酔っ払って寝込んでも
大丈夫。うまく考えたものです。発想の転換ってとこでしょうか。



私はこんな日、とても出席できないけれど、みんなの反響が楽しみです。
興味深々で後日談を待つとしましょうか。





【2008/03/21 18:05】 | 未分類 | コメント(0)
パソコンがストライキ?
昨日は朝からハードスケジュール、お客様のお見送りのあと半年に一度の耳鼻科の検診、その帰りに英会話のジオスに。帰って来て経理と打ち合わせ、そして商工会女性部の役員会と広域女性部の懇親会に出かけてきました。
こおろぎ橋の畔の料理屋さんで会議のあとお食事をしていると、その料理屋の女将さんが
「今日、私の実家の母がお友達グループとお花見久兵衛さんに泊まりにいってます」
っておっしゃって、急に落ち着かなくなって慌てて家に帰り、そのまま宴会場に直行してご挨拶をしました。他の部屋や宴会場のご挨拶もひととおりすませたあと、さあ、いっちょうブログでも書くかぁーとパソコンを広げたらあれれ?
作動しないんです。立ち上げるまではできるのにメールもインターネットの画面もでてこない。
時間をおいて何度もチャレンジしてみるもののちっとも言う事きいてくれないんです。
諦めて、ブログはお休みときめて家に帰りました。
帰ってからも悔しくて、どんなにしんどかった時も、出張以外はほとんど更新してるのに、こらっ、パソコンめ!ってひとり怒ってました。
そんで、今朝出勤していの一番にパソコン広げると、
「えっ、なあーに?何かあったの?」って顔してすんなりと動いてくれてる!
なんじゃ、これ?いったいどうなってるの?
それで私知ったのです。パソコンにも感情があるってこと。あんまり酷使しすぎるとたまにストライキ起こすようです。もしかして携帯もそうかもしてないけど、機械や道具だと思って扱うと無理がくる。
たまのストライキは、大事に扱ってねっていうサインなのかもしれません。
さ、昨日は一日お休みあげたので、今日からまた活躍してくださいね、パソコンさん。
頼りにしてまっせ!
【2008/03/20 09:23】 | 未分類 | コメント(0)
エサに釣られて
お友達の、山代温泉と和倉温泉の女将さんたちと3人で大阪で開かれたあるセミナーに参加してきました。最初お話があった時、どうしようかと迷ったのですが、お友達のひと言、
「000ホテルのお昼のブュッフェ、最高に美味しいんやよ。そこで昼食とってセミナーにでようよ」
の言葉に即OK!一流ホテルの美味しいビュッフェとはどんなものかとそれはそれは楽しみに出かけて行きました。正直言ってセミナーは二の次だったんです。
ところが朝一で乗った雷鳥が、京都の手前で人身事故があったとかで、近江舞子駅でストップ。
それから小一時間列車は止まったまんま。11時半にホテルに着いて1時からのセミナー開始までゆっくりお食事を楽しむ予定が、だんだん時間がなくなってくるではありませんか。
結局列車は1時間半も遅れて大阪駅に到着。急いでホテルにタクシーを飛ばすも時間がない。
「ビュッフェ、ビュッフェ、私のビュッフェは何処へ。。。」
と心の中で叫びながらええい、セミナーなんてどうでもいいや、とやけっぱちになってレストランへ駆けつけると、またそこは満席でしかも待ってるお客様がまだ3組も。
あーあ、もうこれは諦めないと。。。で、仕方なくロビーの軽食のサンドイッチをほおばってセミナーに参加したのでありました。
終わったあと、それならせめてこれまた美味しいと有名なこのホテルのケーキでお茶をしようと思ったら、和倉温泉に行く雷鳥は4時台しかないというお友達に付き合ってさっさとホテルを後にする羽目に。せっかくの000ホテルの雰囲気もビュッフェも、ケーキも、夢と消えたのでありました。
おまけに帰りの列車も30分も遅れるし、今日は仏滅か!

【2008/03/18 21:32】 | 未分類 | コメント(2)
居心地のいい場所
花粉症の人にとって一番居心地のいい場所はどこかご存知でしょうか。
室内プールだそうです。
花粉はほとんど飛んでいなくてマイナスイオンがいっぱいなんですって。
そう言えばプールにはいると何だかすっきり、くしゃみも出ないし目も痒くない。
こんな鼻グスでプールに入っちゃ申し訳ないと思っていたけど、いいんだあー。
水泳の先生がおっしゃるのだから間違いないでそう。
そうと分かれば行かずにはおれない性分。早く仕事を片付けて行きましょうか。
でもそんなときに限ってまだ終わらない。明日からの派遣さんの仕事の準備もしないといけないし、
部屋割りに接待さんの係り付けもしないといけない。
ちょっと今あせっているところです。
【2008/03/17 19:40】 | 未分類 | コメント(0)
おブス
お花見久兵衛では、毎日のお客さまのお声をサービスに反映すべくアンケート用紙をお部屋にお入れしています。ご満足して帰られるお客さまもたくさんいらっしゃいますが、中には厳しいご意見もちょだいします。私たちはその言葉を真摯に受け止め、改善すべきところは改善し、さらに多くのお客様にご満足いただけるよう、一歩づつ前進していくつもりです。
さて、そのアンケート用紙、スタッフの対応とか、お料理とか、お風呂とか、いろいろ書いていただく欄があって、最後に宿泊の日にちと部屋番号、それに係りの名前を入れるところがあります。
お客様の中にはかなり詳しく書いてくださる方もおいでになり、
ひとつひとつ項目に分けて良かった点と悪かった点を書いてくださったり、絵が好きな方なのか花丸などたくさんのイラストが書いてあったりと、いろいろです。
今日は10枚ほどのアンケート用紙が帰ってきました。
気になるものは係りと部屋を照らし合わせてチエックし、ひどければ本人に見せて注意します。
今日の中の一枚に、可もなし不可もなしといった内容のものがありました。ところでこの係りは誰だったんだろうと思って調べると、ちょっと体格がコロコロしたNちゃん。
よくよく見ると係りのところに小さい字で書いてあった。
「おブス」って!あのねぇ~。。。こんなの本人には見せられません。。。
【2008/03/16 17:03】 | 未分類 | コメント(0)
お帰り、OB(G)さん。
接待さんがだんだん少なくなって、一時バブルの頃の半分以下になってしまいました。
長年勤めあげて、身体のあちこちが職業病というか、特に足腰を痛めて働けなくなった人も何人もいます。そんな中で数日前から若い頃うちの接待さんをしていて山中の人と結婚し、今子供の手が離れたからなにか手伝うと言って夜の料理出しのヘルプにひとり来てくれました。
そんな噂を聞いて今度はお昼なら何か手伝いたいって、日直の仕事だけならと、また別の人がひとりきてくれています。
それだけでも大助かり。実際手が回らず派遣社員にまで頼らないといけない現状ですが、勝手知ったるOB(G)が来てくれれば一から教える必要もなく大きな戦力になります。
夜の料理出しを手伝っている子は、昔二十代の頃に働いていた。そしてその頃はそんな若い子がいっぱいいたんです。それはそれは華やかで、ちょっと目を離すと料理場さんとややこしくなったり、ある日突然いなくなったりと、毎日が波乱万丈、テレビドラマのような日々でした。
私もそんな接待さんたちを管理するのが本当に大変だった。
今はまったく浮いた噂のひとつもなく、やれもっとお休みちょうだいだの、食べる事と寝ることしか楽しみな~い、なんて言ってる接待さんばかりで、ここだけの話、ちょっとつまりません。
でもま、辞めた人がまた何がしの形で応援に来てくれるのは本当に嬉しい事です。
ようこそ、そしてお帰りなさい!
【2008/03/15 17:14】 | 未分類 | コメント(0)
頭を切り替えて
夕方テレビをつけながら出勤の準備をしていました。
なぜかというと、たまたま全国の旅館の若女将奮闘記の特集だったからです。
その中で思わず着物を着る手を止めて見入ってしまった旅館がありました。
伊豆の下田のある旅館です。
そこではお正月の元旦に的をしぼって撮影されていました。客室にお年始の挨拶回りをしたり、
ロビーで餅つきをしたり、とまったくうちと一緒です。
そんな中でびっくりしたのは、年始の挨拶回りに若女将が自分の子供を連れて、子連れで客室を回っていたんです。しかも長男とその下の赤ちゃんのふたり、赤ちゃんはだっこしてました。
私たちの若い頃は、絶対お客さまに家庭の匂いを出さないのが鉄則でした。
家庭を忘れて来られるお客さまに、旅館が家庭の匂いをふりまいていてはとんでもない、という考え方でした。
確かに今日のテレビを見ていて正直驚きましたが、逆に今の時代はそれもありなのかって思います。
第一、昔と違ってご家族連れがぐんと増えました。ひと昔まえの週末は宴会目的の男性のお客様がほとんどだったのに、最近はお二人連れか、ご家族連れのお客さまばかりです。
賛否両論あるでしょうが、子育てしながら仕事も頑張ってる、そんな姿をみてほほえましく感じるお客さまも少なくないでしょう。
長年の観念にとらわれず、時代に合わせて頭を切り替えていく必要があるのかもしれませんね。
でも私、決して孫をおんぶしてお客さまの前には出ませんのでご心配なさいませんよう。。。
【2008/03/14 17:23】 | 未分類 | コメント(0)
日本語って素晴らしい!
日本に嫁いできてもう20年という、コーヒーコーナーのジーナ。
ほとんどの日本語はマスターし、ぺらぺらしゃべくりまくっています。字だって大概は読み書きできるようになりました。もう周りのみんなは、彼女がフイリピン人だってことすっかり忘れています。
忘れすぎて時々接待さんなんか、彼女にちょっと難しい漢字、「ジーナこれなんて読むんや?」
って聞く始末です。もちろん分かる訳ないのですが。
そのジーナが、先日の朝礼で私が話した言葉、「三寒四温」ってどういう意味?って聞いてきました。
この時期は季節の変わり目で気候が定まらない、三日寒い日があるかと思えば四日温かい日がある、そうこうしながら段々と春になっていくという意味だと教えると関心することしきり。
英語にもタガログ語(フイリピン語)にもそんな言葉はないそうです。
そこで四字熟語やことわざなど、日本語の奥の深さ、素晴らしさをこんこんと説明しました。
私だって学生時代は全然そんなこと興味もなく、たいして国語の勉強もしなかった。
でも年齢を重ねていくにつれてひとつの言葉の意味深さに驚き、改めて日本ってなんて素晴らしい言語を持つ国だって感動することがあるんです。
外国の人にとって日本語は最高に難しいそうで、確かに漢字、ひらかな、カタカナがあり、もしかして世界中で一番難しいかもしれない。
だからこそたったひとつの言葉や漢字に含まれた意味に、奥深さがあるのでしょう。
毎日そんなこと考えずに生活しているけど、外人に教えれられて改めて日本語の素晴らしさに感動し、日本人であることを誇りに思うんです。
あ~、今日は何だかグレードの高い話題だったなぁ~。ま、たまには。。。ね。
【2008/03/13 19:20】 | 未分類 | コメント(0)
ちょっとヤブ用で。
2,3日留守していました。
毎日ブログを読んでくださっているお友達から電話がかかって、
「おーい!生きてるか~い?」ですって。
すみません、何の連絡もなしにブログさぼってしまって。ご心配おかけしましたが生きていますし、今日ちゃんと仕事していますので。
また明日から頑張って更新しますので応援してくださいね。今夜は事務処理が山積みなのでこの辺で失礼したします。
【2008/03/12 20:07】 | 未分類 | コメント(0)
怪獣と恐竜の違いって?
今朝自家用車のお客様をお見送りしていたら、4,5歳くらいの男の子が片手に大きな怪獣(らしきもの)を持って車のところまで歩いていらっしゃいました。
「坊やちゃん、いいもの持ってらっしゃるんやね。それなんて怪獣?」と聞くと、
「怪獣やない!恐竜や!」と不満そうな顔でお返事を。
そうだ、そうだ、それで思い出しました。十数年前のこと。
下の子がまだ中学校1年の頃、私とふたりどうしても「ジェラシックパーク」の映画を観たくて金沢まで行ったんです。映画館まで車で行く自信がなくてJRで行き、金沢駅からタクシーに乗りました。
映画館の前で車を降りる際、運転手さんがひと言つぶやいた。
「なんや、怪獣映画か」(いかにも小馬鹿にしたような言い方で)
それを聞いた下の子はむきになって言いました。
「怪獣じゃない。恐竜や!」
それそれ、私も一緒になって言いたかった。ウルトラマンの怪獣映画とは訳が違う。れっきとした大人が楽しむ映画、あの有名な「ジェラシックパーク」を知らんのか!って。
下の子にすれば母親付き添いで映画を観るのもかっこ悪いのに、怪獣もんと思われたらもっとかっこ悪いといったところでしょう。
そんな昔を懐かしく思い出しながら、今日の坊やちゃんもきっと同じ思いだったんだろうって。
でも、私未だに分からないんです。怪獣と恐竜の違いって何なのか。。。
【2008/03/09 17:49】 | 未分類 | コメント(3)
旅立ちの季節
3月は卒業式やら、転勤やらと旅立ちの季節ですね。
親しい人が去っていくのは寂しいものです。でも新しい未来に向かって旅立っていくのですから、
明るく送ってあげたいものですね。
今日は、昨年半年間ゴルフのコースレッスンでお世話になった先生が、この春渡米されるというので、
私ともうひとり一緒にレッスンを受けていたお友達とふたりでささやかな送別会をしました。
といってもお互い忙しい身、時間がとれずお昼ご飯を一緒に食べただけ。それでもゴルフの話に
花が咲きました。
半年間といっても回数にしたら数回。だけどハーフ教えてもらって一緒に食事をする。お昼ごはんをいただきながらの反省会も結構楽しいものでした。
あんなことあったね、こんな時はどうするんだったっけ?と思い出話をしながら、今日もいつものようにおしゃべりしまくってあっというまに時間がたってしまいました。
アメリカのゴルフ場で働くんですって。プロを目指していたけど難しく、レッスンプロに転向。働きながらそれを目指して頑張るそうです。回りが牧場だらけのとてものどかなゴルフ場とか。
一度先生と一緒にラウンドしたかったけど機会がなかった。今度会うまでに絶対上達しているからねって、できもしない約束をしました。それどころか、先生訪ねてアメリカまでゴルフに行く!なんで過激な発言も飛び出しました。若い人はいいです。今のうちいろんなことにチャレンジしてください。
日本に帰ってくる頃には、ひとまわりもふた回りも大きくなっていることを祈って、お別れしたのでした。
【2008/03/08 17:04】 | 未分類 | コメント(0)
マスクは正しく使いましょう。
最近のテレビなどで都会の歩道を歩く人をみると、たくさんの方がマスクをつけておられます。花粉症の季節ともなると当然ですね。よく見るとマスクの形が微妙に違っていて、なんか可笑しいのもあれば
ごく普通のもある。花粉よけにはそれ専門のものがあるのでしょう。
当館ももうずっと以前から調理場に行く時はマスク着用のきまりになっています。
これは花粉症ではなくてノロウイルス対策です。
いっとき、昨年の冬には加賀でノロウイルスが発生し、旅館も被害を受けました。
どこの旅館も神経ピリピリでした。それ以来うちはもうマスクが必需品になっています。
お客様の前ではもちろんはずしていますが、いったん調理場に入ると全員マスク着用です。
最初は息苦しかったり、耳が痛いなどと文句をいう人もいたけど、慣れてしまえばこんなもの。
もうみんな当然のごとくつけています。
私も宴会場から調理場に行くときは必ず着物の袂から取り出してつけるんです。
それが、たまに間違える!とったりはずしたりしているうちに逆になってしまった。
調理場に入るときにはずして、出るときにつけてる。
「女将さん、それ逆やないですか?」
って誰かに言われるまで気が付かない。やれやれ、年はとりたくないものです。
えっ?年のせいではないって?だったらなんなんでしょうねえ。。。
早くノロウイルスも花粉も心配ない、マスクよさようならって季節が来ないかしら。。。
【2008/03/07 19:20】 | 未分類 | コメント(2)
卒業旅行の季節です。
最近はお客様の平均年齢がぐっと若くなりました。
それもそのはず、今大学生の卒業旅行シーズンです。いえいえ、旅行をするのは大学生ばかりではありません。高校生らしきお客様も、ひょっとして中学生の卒業旅行かと思われるお嬢様方も、
きゃっきゃっはしゃぎながら入ってこられます。
若い方達は、見ているだけでこちらまで楽しくなってきますね。私がごくごく普通に挨拶するだけで笑いころげておられるのですから。ま、箸がころがっても可笑しい年頃なのでしょう。
しかも、露天風呂付特別室、六庄庵にも学生さんが来られるんです。
つい先日、男性4名って珍しいと思い、てっきりご年配の方々と思ってご挨拶に伺うと、なんと若者でした。
「女将さん、僕達卒業旅行なんです。たまに贅沢したくて。。。」
っておっしゃって、飲むわ食べるわでかなり盛り上がっていました。
今日は女性おふたりで、
「お部屋も料理も最高で、今日いちにちはセレブの気分でーす」って。
嬉しいですね。いろんな年齢層の方に喜んでいただけるなんて。
そう思うと、本当にいい思い出づくりのお手伝いをして差し上げないと、と気持ちが引き締まります。
ところで余談ですが、昨日とはうって変わって今日は最高のお天気でした。いちにちお客様の送迎と、挨拶と、あとは給料の段取りといろいろ。。。事務所に缶詰でした。あーあ、ついてない。。。
【2008/03/06 18:58】 | 未分類 | コメント(0)
日頃の行ない、いいはずなのに。。。
今朝起きてみたら当たり一面真っ白!なな、なんと雪ではありませんか。
なんでこんな、もう春だというのに雪が降るんやー。昨日は風は冷たかったけど良いお天気だったし、
まさか今日雪が積もるなんて誰が想像したでしょうか。
確かに昨夜の天気予報では北陸は雪だっていってたけど、もう地面も温かくなってるだろうし、
降ってもちらちら舞うくらい程度だと思ってた。もう、ホントに嫌いっ!
えっ?なんでそんなに怒ってるのかって?
だってだって、ねえ聞いて。実は私、今日1ヶ月半ぶりに仲良しのFちゃんとふたりでゴルフを回る予定だったんです。このFちゃん、まったく私と同じ時期にはじめて、腕もまったく私と一緒。
いつも1打か2打差程度しか変わらない。最高のゴルフ仲間なんです。
しかも旅館にお勤めしていて、忙しいのも暇なのも大体一緒。去年はレッスンも一緒に通ってたんです。こちらのゴルフン場は1月から雪でずっとクローズしていて、やっと今日ふたりのスケジュールが一致し、お昼の数時間ちょっと仕事を抜けていく予定だった。
誰やー、今日雪を降らしたのは!ふたりともこんなに真面目に毎日仕事しているのに、神様はおらんのかー。あ~あ、未だに諦めきれないんです。往生際の悪い事!
みんなに春になれば嫌でも行けるのに、ふたりともアホやって言われています。
そうです。アホです。アホと言われてもゴルフしたいんですぅ!くしゅん。
しかし、よく降るなぁー。まだぼこぼこ降ってますよ、雪。。。
【2008/03/05 17:12】 | 未分類 | コメント(0)
女性のグループと男性仲居、その2
今朝、例の2連泊の女性ばかり10名様がお帰りになられました。
加賀温泉までの送迎バスに乗車されたので、バスの乗降口で、
「みなさま、二日間ごゆっくりお過ごしいただけましたでしょうか」とお訊ねすると、
「いやあ、女将さんゆっくり楽しませていただきましたわよ」と嬉しいお返事を。加えて、
「すごく良かったのでいろいろアンケートに書いてこようと思ったんだけど時間がなくて。帰ったら
インターネットで書きますね」っておっしゃってくださいました。思わず
「はい、お待ちしています」と。
そんなおしゃべりをしてたら、例の彼、男性接待さんがお見送りに駆けつけてくるのが見えた。
思わず、
「あらみなさま、今私の主人がお見送りに参りました」と言ったものだからみなさん身を乗り出して
乗降口を覗かれた。(本当のつれあいと思い込んで)
それで来て見たら例の彼!またまた大うけでバスの中は大爆笑です。
でもよく考えたらそのバス、このグループのお客様ばかりではなかった。他のお客様もいらした。
もしかして本当に私のつれあいと思われてしまったかも。。。いやいや、いくらなんでもそこまでは、とは思うものの、もしかして若いツバメと思われたかも。。。あ~あ、失敗失敗!
【2008/03/04 12:08】 | 未分類 | コメント(2)
それはないやろう?
ちょうど私と同年代くらいの、10名様の女性ばかりのお客様がお泊りになられました。
うちには派遣の男の子の他に男性の接待さんがひとりいて、これがまた几帳面でしっかりしていて、
女性の接待さんよりもきちんとした仕事をするんです。
女性だけのグループにはもってこいで、今まで受け持ちさせて失敗したことありません。
さて、宴会場にご挨拶に行き、いつものようにその子とふたり並んで歓迎のご挨拶をしました。
私が挨拶をしたあと、すかさずお客様のおひとりが、
「女将さん、その方(接待さん)とてもよくしてくださってますよ」
とおっしゃるので嬉しくなりました。そこまではよかったのですが、そのあと、
「女将さんの息子さんですか?}ときたもんだ。思わず
「いえいえ、とんでもない。まさかこんな大きな息子はおりませんですわ、ほほほ。。。」
と笑ってごまかしました。
考えてみるといても可笑しくない年なのですが、(彼はたしか38歳だったかな?)そんなこと認めたくありません。すると、今度は別の方が
「まさか、つれあいではないですよね」なあんておっしゃるからびっくり仰天、思わず
「えぇぇぇー!ぎゃあ~!!!」
と叫んでしまいました。叫んだだけならまだしも、その場に倒れこんでしまった。
もう宴会始まる前から大騒ぎ。大うけに受けて
「でも、最近はずっと年下ってのもあるし。。。」とお客様がおっしゃるので、つい私も
「ええ、ええ、私も年下がいいですけど、なかなかねぇ~」
なんて言うもんだから大爆笑。やれやれお客様、そんなに私を乗せないでくださいましね。
調子に乗ってどこまで話すか分かったものではないのですから。
ところで横で一部始終を聞いていた彼、最後まで真面目な顔つきでいたっけ。
なんて思っていたことやら。。。

【2008/03/03 18:38】 | 未分類 | コメント(0)
ヨン様の靴下
先日韓国に営業を兼ねて出かけた際、みんなのお土産に靴下を買ってきました。
まったくの仕事は別として、やっぱり海外へ出かけたときはほんの気持ちでもお土産を買ってきたい。
過去にはコピーの財布やバッグを買ってきてみんなに喜ばれたものでした。
でも最近はちょっと税関が怖いしそんなものは買えません。空港の中の免税店で化粧品を買うのも芸がない、そんなこんなで結構お土産には頭を悩ますんです。
今回は夜の露天で売ってた、すごく暖ったかそうな靴下に決めました。
なぜかって言うとその靴下、足の甲の部分に大きく絵が書いてあって、韓国の人気スターが何人か書いてある。私はヨン様しか知らないのですが、イ、ビョン何とかっていう俳優さんのや、その他にもいろいろ。。。
楽しくなって3人の女将、ひとり20足づつくらい買占めました。もちろんあげたら大喜びでした。
さて、その問題の靴下を昨日ジーナが保育園に履いていったんです。
玄関に入るなり保育園中大騒ぎ、
「ヒナちゃんのお母さんの靴下あ~見てみてぇ~、きゃ~あぁぁ~、ヨン様やあ~」
てな調子で。
「それどこに売ってたんや? 私も欲しい~~~」
って何人もの保育士の先生に言われたけど、日本には売ってません(と思う)。
あ~あ、それだったらもっといっぱい買ってきたのに。。。
でもその靴下、明洞の露天で1足1,000ウオンで買ってきたなんて誰にも言えないですぅ。。。
【2008/03/02 17:28】 | 未分類 | コメント(0)
いよいよ始まりました。
今日から3月、とはいうものの山中は朝から雪混じり、しかも雷までごろごろ鳴っています。
春はまだ少し先なのでしょうか。本当にお天気が待ち遠しいですね。
なのに今朝からくしゃみ連発!そう、やってきました恐怖の花粉症。
毎年春が憂鬱なのはこのせいなんです。本当に医学が進んでいるこの時代、なんとか特効薬がみつからないものなのでしょうか。
今年は1月末から病院で薬をもらって飲んではいるのですが、もうその頃から目がまっ赤。
目薬は欠かせません。お医者様はこの時期だけコンタクトレンズは止めて眼鏡をかけなさいとおっしゃるんですけど、着物に眼鏡ってしたことないし、急にそうしたらみんなになんやかやと言われそうで面倒くさい。そうこうしているうちに今日から今度はくしゃみが出だした。
もうもう、ふんだり蹴ったりです。
想像してみてください。この私、目は真っ赤っか、鼻水じゅるじゅる、くしゃみ連発、それでもにこにこしてお客様をお迎えしている、なんと健気な姿!(誰も言ってくれないので自分で言ってる)。
早く春が来て欲しい反面、外に出るのが怖い、この季節です。

【2008/03/01 16:59】 | 未分類 | コメント(0)
作家女将のお花見久兵衛ものがたり


山中温泉の旅館女将歴35年、作家デビューして15年の決して若くない女将です。悪戦苦闘の毎日や、時には危ない綱渡りの舞台裏をちょっとのぞいてみませんか?

プロフィール

カレン ノネッタ

Author:カレン ノネッタ
山中温泉 お花見久兵衛
山中温泉 お花見久兵衛
毎月メールで
「貯められる宿泊割引券」が
送られてくる。
このブログを見ている
お客様の多くが利用する、
お花見久兵衛の会員登録はコチラ

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。